2017年に読んだ本まとめ

大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年も良い年にしたいですね。

さて、タイトルの通りです。1年間で読んだ本を思い出せる限り挙げることで2017年の振り返りをしよう思います。この取り組みは2年目となりましたが、去年同様に報告がとても遅い…。来年こそは。

今年は専門書が増えました。読んだ量が少ないのはそれが影響しているのかな。本当は全部にコメントを書きたいのですが、最初から高い目標を掲げると結局終わらずに伸びてしまうので、気が向いたら追記していきます。これがスモールスタートっていうやつですかね。

 

1.フィクション

1-1.レ・ミゼラブル(岩波文庫)ヴィクトル・ユーゴー
一度は読むべき。しかし長い。

1-2.ドン・キホーテ(岩波文庫)セルバンテス
やはり古典的名著は良いなという事を思い知らされる本。これが17世紀に書かれたとはとても信じられません。若い人に読んでほしい。ただレミゼ程ではないですが、長いです。

1-3.みずうみ(岩波文庫)メリメ

1-4.箱男(新潮文庫)安部公房
ヘンタイ小説。

 

2.ノンフィクション

2-1.統計学入門(東京大学出版会)
これは本当にいい本です。最近流行りのデータサイエンティストになるには、まずここからでしょうかね。このシリーズは3冊あるので、全部読みましょう。
分かりやすく、かといって表面だけをなぞっているわけではないので、”結局どういうこと?” という疑問がほとんど出てこない。大学で解析学をとっていれば十分理解できます。

2-2.入門Python3(オライリー・ジャパン)
Pythonを始めるにあたり、まずはこれだろうと言うことで。申し分なし。

2-3.自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと(サンクチュアリ出版)

2-4.昭和サーティーズ‐あの頃、まわりはすべて遊び場だった(文芸社)

2-5.若き科学者への手紙:情熱こそ成功の鍵(創元社)

2-7.人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊(文春新書)

2-8.人工知能は人間を超えるか(KADOKAWA/中経出版)

2-9.漱石を電子辞書で読む(時事通信社)

2-10.いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

2-11.声に出して読みたい旧約聖書(草思社)
聖書の勉強用としてはあまり適切ではないと思いますが、文語訳の美しさを存分に味わえます。

2-12.超図解 一番わかりやすいキリスト教入門(東洋経済新報社)
分かりやすくまとまっています。初めての人向け。

2-13.「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(あさ出版)

2-14.「死ぬのが怖い」とはどういうことか(講談社)

2-15.量子コンピュータが本当にすごい(PHP研究所)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です