2016年に読んだ本まとめ

2017.05.28記

お正月に書いていた記事が下書きのままだったのでそのまま投稿します。

————————————————————————————–

 

あけましておめでとうございます。今年も良い年にしたいですね。

さて、タイトルの通り、2016年の振り返りとして昨年読んだ本を思い出せる限り挙げてみたいと思います。こうやって挙げてみて気づきましたが、岩波文庫が多い。岩波文庫最高です。

 

1.フィクション

1-1.白鯨 上・中・下(岩波文庫)メルヴィル

鯨の描写が細かく、聖書の内容に度々触れられていてとても勉強になるし、何と言っても訳と注釈が最高です。これが岩波文庫のイイところ。

ちなみに『中』が我が家に二つあります。誰かもらってください。

 

1-2.王子と乞食(岩波文庫)マーク・トウェーン

古い翻訳の割に読みづらさがなく、すらすらと読めました。星三つ。

 

1-3.ジーキル博士とハイド氏(岩波文庫)スティーブンスン

誰でも知ってる小説ですね。今更感がありますが、読んでみました。ハイド氏の恐ろしさが臨場感たっぷりに伝わってきて楽しめました。

 

1-4.カルメン(岩波文庫)メリメ

僕はオペラが先でしたが、こちらも良かったです。

 

1-5.東京に暮す(岩波文庫)キャサリン・サンソム

イギリス外交官夫人として来日した著者の日本人観を綴ったもの。少し小馬鹿にされているような気もする。

 

1-6.あしながおじさん(新潮文庫)J・ウェブスター

僕もお金持ちになったらこんなことしてみたい。

 

1-7.嵐が丘 上・下(岩波文庫)エミリー・ブロンテ

ヒースクリフのあまりの外道さに鳥肌が立ってきます。

 

1-8.月と六ペンス(岩波文庫)モーム

ゴーギャンがモデルの小説。作中ではかなり破天荒だけど、どこまで本当なんだろう(ほとんど本当…?)。

 

1-9.ヴェニスに死す(岩波文庫)トオマス・マン

美しい少年に魅せられた主人公(男)の話。

 

 

2.ノンフィクション

2-1.量子力学と私(岩波文庫)朝永振一郎

2-2とセットで読みました。量子力学など物理学の変革の時期に生きた朝永振一郎先生の講義・講演をまとめたもの。どんどん先に行く(と朝永先生は考えていた)湯川と自身を比較して精神的にかなり病んでいたようです。何でも上手くやる天才だと思っていたんですが、そうでもないみたいですね。かなり勇気づけられました。

 

2-2.科学者の自由な楽園(岩波文庫)朝永振一郎

朝永振一郎の講演から作られたようです。

 

2-3.生命とは何か(岩波文庫)シュレーディンガー

量子力学の超有名方程式”シュレーディンガー方程式”のシュレーディンガー。生命について物理学的に考察しています。これは読むべき。やはり天才だな。

 

2-4.数学を志す人に(平凡社)岡潔

あまり数学とは関係ありませんでした。

 

2-5.科学者という仕事(中公新書)酒井邦嘉

 

2-6.偶然の統計学(早川書房)デイヴィッド・J・ハンド

統計好きな人は読んでみるといいかもしれません。

 

2-7.魂の退社(東洋経済)稲垣えみ子

たぶん、会社辞めたくなります。

 

2-8.村上さんのところ(新潮社)村上春樹

 

2-9.本音で生きる(SB新書)堀江貴文

 

2-10.君はどこにでも行ける(徳間書店)堀江貴文

 

2-11.99%の会社はいらない(ベスト新書)堀江貴文

堀江さんらしい本ですね。

 

2-12.新しい道徳(幻冬舎)北野武

 

2-13.ヤクザになる理由(新潮新書)廣末登 

 

2-14.学者は平気でウソをつく(新潮新書)和田秀樹

主に医学系の話だったと思います。

 

2-15.無頼のススメ(新潮新書)伊集院静

 

 

2-16.バカしか入らない生命保険(祥伝社新書)三田村京)

“生命保険はバカしか入らない”という意味でなく、”バカしか入らない生命保険がある”という意味でした。勉強になります。

 

 

今年はAIの勉強をしたい。専門書の比率が上がるので、去年のようなペースでは読めないかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です